クラビットで感染症治療
クラビットで感染症治療をしているカップル

感染症の治療には、症状にあわせて適切な医薬品・抗生物質を用いることが大切です。

どんな薬も用法用量に注意すること

病院で処方された薬にくらべ、ドラッグストアなどで手に入るいわゆるOTC薬品は、常備薬としても、急な体調不良の際にも頼れる存在です。
一方で、処方薬に比べ、適当に服用している方も多いのではないでしょうか。
どんな薬も、摂取する際は用法用量に注意が必要です。

そもそも、用法とは薬の飲み方のことです。
たとえば、食前・食間・食後といった飲み方があります。
食前・食後は食事の前後30分程度を目安に服用するのが一般的です。
食間というのは、食事と食事の間を指しますので、食後2時間が目安時間となります。
一方、用量とは、薬の量のことです。
一回二錠、というように一回に飲む量に必ず定めがあります。

この用法用量を誤ると、重大な副作用を引き起こす恐れがあります。
軽い眠気で済むはずが、立っていられないほどの倦怠感や意識障害を引き起こすなどの重大な副作用となることも懸念されます。
早く症状を抑えたい、と思うあまり多めに服用したり、間隔をあけずに服用するなどしても、期待通りの効果は得られません。
用法用量を守らないことは、薬の効き目を弱めることもあるのです。
薬はそれぞれ効き目が表れる時間が異なりますので、早めに効くタイプのものがほしい場合は、薬剤師などに相談するとよいでしょう。