クラビットで感染症治療
クラビットで感染症治療をしているカップル

感染症の治療には、症状にあわせて適切な医薬品・抗生物質を用いることが大切です。

クラビットがオフロキサシンより優れる点

クラビットやオフロキサシンはニューキノロン系の合成抗菌剤で、幅広い細菌感染症の治療薬として知られています。
肺炎や腸チフスから、風邪や扁桃炎、クラミジアなどの性感染症など、様々な細菌や微生物による感染症の治療に用いられています。

クラビットがオフロキサシンより優れる点とは、オフロキサシンを改良してクラビットが作られているので、オフロキサシンよりも効果が高く副作用が少ないというメリットがあります。
細菌のDNAに働きかけて細菌のDNA複製を阻害して、感染症を治療することができます。

クラビットは内服薬の他にも点眼薬や注射などがあり、様々な形状で治療が行なわれています。
効き目が早く抗菌効果が高いという特徴をもっているため、症状を悪化させずに治療を行うことができます。

抗菌剤の中では比較的副作用は少ないですが、人によっては副作用を起こす場合があります。
発疹や下痢、頭痛やめまい、食欲不振などの副作用が出る場合があり、症状がひどい場合には早期に医療機関で診てもらう必要があります。

15歳以下の方には安全性が認めらておらず、また、妊婦の方も同様に安全性が認められていないため、薬の処方を受けることができません。