クラビットで感染症治療
クラビットで感染症治療をしているカップル

感染症の治療には、症状にあわせて適切な医薬品・抗生物質を用いることが大切です。

性病の感染、患者の特徴とクラビットで淋菌感染症治療

性病の感染が疑われた場合にするべき対応として理想的なものは、性病科などの専門の医師にかかって診断をしてもらい、その指示にしたがって治療を行っていくというものです。その間は人との性的接触を避けて治療に専念し、完治させることができた後は適切な予防を行いながら生徒付き合っていくという姿勢をもつことができればほぼ完璧といえるでしょう。しかし、性病の感染が疑われても性病科に行くというのは踏ん切りがつかない人も多いのが事実です。性病にかかってしまったことへの恥ずかしさや知人に見つかりたくないという思いが必ずあるからであり、それが治療の開始を遅らせてしまう原因となっています。しかし、性病の多くは治療が可能である一方で、自然には治らないものが多いということを知っておかなければならないでしょう。自覚症状が軽いからといって放置してしまうと重篤な症状がでてきてしまって後悔することも稀ではありません。そういった性病の一つが淋菌感染症であり、男性では尿に膿が出ることから異常を見つけるのは比較的容易です。女性の場合には発見が難しいことが多いですが、淋菌の検査を行うことによって感染の有無を確認することができます。淋菌感染は放置しておくと排尿痛が激痛となっていき、排尿困難を感じるようになってきます。そういった段階でようやく治療に入る人も稀ではないのです。淋菌にはクラビットが有効であり、抗生物質であるクラビットを用いることで一週間から二週間程度で症状が改善します。クラビットに対して耐性を持つ淋菌はあまり多くないことから比較的よく選択される抗生物質となっていますが、耐性菌であった場合にも作用機序の異なる多様な抗生物質があるため、速やかに治療を達成できるでしょう。